2021.04.13 AWS クラウド導入フレームワーク「AWS CAF」とは

クラウド導入を推進したいが、どこから着手すれば良いかわからない、というケースは少なくありません。そのような場合に役立つのが、AWS クラウド導入フレームワーク「AWS Cloud Adoption Framework(以下、AWS CAF)」です。本記事では、「AWS CAF」の概要を紹介します。

AWSクラウド導入フレームワーク「AWS CAF」とは?

AWSクラウド導入フレームワーク「AWS CAF」は、企業や組織がクラウドサービスを導入するために、効率的かつ効果的な計画を立てるサポートをします。また、クラウドを導入する段階を4つのフェーズに分け、各フェーズで何をするべきか定義しています。

1. 構想フェーズ

構想フェーズでは、クラウドを導入するビジネス上の目標と、測定可能な価値基準(結果)を定めて、クラウド戦略の基盤を構築します。「なぜクラウドを導入するのか」という目標を達成するため、どのような対策を立てるべきか、この構想フェーズで決定します。

2. 調整フェーズ

調整フェーズは、クラウド導入が組織にとって有効であることを各ステークホルダーに伝達。立場ごとの役割を示し、クラウド導入に向けて組織内の調整を行います。

3. 起動フェーズ

起動フェーズでは、クラウド導入に必要な開発や導入作業、ステークホルダーへの対応など、クラウドを導入するための実務的な作業を推進します。

4. 価値実現フェーズ

価値実現フェーズでは、構想フェーズで定めた目標に対して、結果がどこまで達成できているかを計測し、理想と現実にギャップがあれば問題点の分析・改善を行います。改善策の実施と計測・分析を繰り返すことで、目標に掲げたクラウド利用による価値を実現していきます。

「AWS CAF」で定義される6つのパースペクティブ

「AWS CAF」では、クラウド導入で重要な6つの分野を、パースペクティブ(観点)としてまとめています。パースペクティブに対応するステークホルダーと、求められる機能は以下の通りです。

パースペクティブの種類 ステークホルダー 機能
ビジネス ビジネスマネージャー
ファイナンスマネージャーなど
価値実現
  • IT Finance
  • IT 戦略
  • メリットの実現
  • ビジネスリスク管理
人員 人事部門など
役割と準備
  • リソース管理
  • 運用に必要な人材を維持する報酬プログラムの導入サポート
  • クラウド移行と運用に必要なスキルのサポート
  • トレーニング管理
  • 組織変更管理
ガバナンス CIO、プロジェクトマネージャーなど
優先順位付けと統制
  • 望ましいビジネス成果に基づいてそれを管理するためのメカニズムを提供
  • プログラムとプロジェクト管理
  • ビジネスパフォーマンス測定
  • ライセンス管理
プラットフォーム CTO、ソリューションアーキテクトなど
アプリケーションとインフラストラクチャ
  • システムとソリューションアーキテクチャ
  • コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびデータベースプロビジョニング
  • アプリケーション開発
セキュリティ CISO、IT セキュリティマネージャーなど
リスクとコンプライアンス
  • Identity and Access Management (IAM)
  • 潜在的なセキュリティインシデントを特定するためのガイダンス提供
  • インフラストラクチャのセキュリティ
  • データ保護
  • インシデントへの対応
オペレーション IT 運用管理者など
管理と計測
  • サービスモニタリング
  • アプリケーションパフォーマンスモニタリング (APM)
  • リソースインベントリ管理
  • リリース/変更管理
  • レポートと分析
  • ビジネス継続性/災害対策
  • IT サービスカタログ

クラウド導入に必要なこれらの機能が、各ステークホルダーで実行できるかどうかのフィットアンドギャップを行い、ギャップのある部分をアクションプランとして決めていきます。

自社でクラウドを導入する場合に足りない部分を、ひとつひとつパースペクティブ別にアクションプランとして落とし込むことで、有用なアクションプランの全体像が作成できます。以下は、アクションプランの例です。

ビジネスのアクションプラン例
  • クラウド導入の目的を明確にする
  • 目的の数値化を行う
  • クラウド導入による新たなビジネスリスクについて学ぶ
人員のアクションプラン例
  • どの程度のスキルレベルを有した人材が、何人必要か調べる
  • 自社リソースでクラウドスキルのある人材のスキルレベルと、人数を把握する
  • 採用計画に上記の調査結果を反映し、必要なスキルを持つ人材を採用する
ガバナンスのアクションプラン例
  • クラウド移行による、ライセンス管理・ソフトウェア管理・インフラ管理の変化を調査する
  • ビジネスのアクションプランで算出した、目標の数値を計測する方法を調査する
プラットフォームのアクションプラン例
  • 同業他社のクラウド導入事例を学ぶ
  • 自社に向いているプラットフォームの選定について、専門業者に相談して決める
セキュリティ
  • 自社のセキュリティ要求基準を、クラウドでどう満たすかを調査する
  • 現状策定しているインシデント発生時の運用ルールと対応マニュアルについて、クラウド導入後どう変更するべきかを調査検討・修正する
オペレーション
  • クラウド導入後、パフォーマンスの監視について、どのように実現するか調べる
  • クラウドサービスの稼働状況モニタリングを、どのように実現するか調べる
  • BCP対策について、クラウド導入後どのように変化するか調査する

アクションプラン策定時は、プランごとにスケジューリングも行います。あるアクションプランが、別のアクションプランを前提としている場合もあるため、整理しながらの計画が必要です。

アクションプラン策定が難しい場合は専門家に相談を

「AWS CAF」を利用したクラウド導入のアクションプラン策定は、ビジネス面・技術面の両方において深い知識が必要となります。「自社ではアクションプランの策定が難しい」と感じる場合は、専門家に相談すると良いでしょう。

TOKAIコミュニケーションズでは、お客様のクラウド導入に必要な、アクションプラン策定をお手伝いする「AWS導入サポート」を提供しています。クラウド導入を検討されている場合は、ぜひ当社まで気軽にご相談ください。

関連サービス

おすすめ記事

導入のお問い合わせはこちら

AWSやAmazon WorkSpacesの導入から接続回線、運用・保守まで何でもお任せください。

お問い合わせ・資料請求