2021.03.15 AWSへの移行をお考えの方にオススメの導入事例 3例!

オンプレミス環境からクラウドへの移行時は、様々なリスクに対して思案する方が多いと思います。
本記事では、AWSの移行に成功したお客様事例の中から、
「クラウドへのシステム移行時に抱えていた課題」「クラウド導入後のメリット」「導入支援としてTOKAIコミュニケーションズを選定した決め手」をご紹介します。導入のご参考にしていただければ幸いです。
気になる事例がありましたら、本記事内のリンクより事例詳細ページもぜひご覧ください。

国内クラウド市場の最新動向

国内クラウド市場動向について

まず、お客様の事例をご紹介する前に、国内クラウド市場動向についてご紹介します。
国内でもクラウドは普及し、IDC Japanが発表した「国内パブリッククラウドサービス市場予測」によりますと、2019年の市場規模(支出額ベース)は、前年比22.9%増の8778億円でした。2020~2024年までの年間平均成長率は18.7%で推移し、2024年の市場規模は2019年比2.4倍の2兆644億円になると予測をしています。

国内パブリッククラウドサービス市場売上額予測 2019~2024年
  • 出典:IDC Japan「国内パブリッククラウドサービス市場売上額予測 2019~2024年」
    (https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46136120)

今後の国内クラウド市場はどうなる?

このような結果より、国内クラウド市場は、成長を続け市場規模が拡大していくことが予想されています。
市場の前年比成長率は低下していくと予想されますが、これは既に、国内クラウド市場がある程度拡大しているためであり、今後もクラウド市場が緩やかに拡大することが挙げられます。

一方で、クラウド移行のトレンドは、現在主流となっている「情報系システムを移行すること」から「基幹系システムを移行すること」へ変化していくことが移行が予想されます。
また、パブリッククラウドサービスを利用する新しいシステム領域として、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が主流となり、クラウドの多様化活用・拡大が進んでいくと考えられます。更に、新型コロナウイルス感染症が「働き方改革」を推し進める要因となり、クラウド市場が更に成長することが見込まれています。

AWS導入事例1.
大幅なコスト削減を実現!
-株式会社ジャパンネット銀行様【金融業/銀行】

株式会社ジャパンネット銀行様 ロゴ画像

導入時の課題

同社は、オンプレミス環境でシステムを運用しており、ハードウェア更新の度にかかる手間とコストを削減したいと考えていました。 ちょうど同時期に、「クラウド利用の安全性」についてFISC(金融情報システムセンター)が評価基準を示し、金融業界でもクラウド利用が本格化していく兆しがありました。

そのため、ハードウェアの保守期限切れを機にOAシステムのクラウド化を検討することとなりました。

導入したメリット

同社は、今回AWSに移行したことにより、オンプレミス環境でかかっていた手間やコストを大幅に削減することができました。コスト削減は、同社の経営戦略上継続的な重要課題でした。そのため継続的に値下げを続けるAWSは、オンプレミス環境より優位性が高く、コストメリットを実感頂くことができました。削減できたリソースは、お客様の利便性を向上する取り組みに向けられています。

また、AWS上で環境を一度構築すると、新たな取り組みへ挑戦が容易になります。そのため、お客様への新たな付加価値を提供する、取り組みへの推進が一層可能になりました。

なぜTOKAIコミュニケーションズを選んだのか?

同社が探していたパートナーは、「初期投資・運用コストを押さえることができる」、「セキュリティを維持したシステムと接続回線の提供が可能である」、「スムーズなシステム移行作業が行える技術力を持っていること」が条件でした。

今回当社を選定した理由として、当社がシステム構築・運用・保守、接続回線まで一括で提供できることを挙げて頂きました。

AWS導入事例 | 株式会社ジャパンネット銀行様

AWS導入事例2.
クラウド移行で顧客満足度もアップ!
-東建コーポレーション株式会社様【建設業】

東建コーポレーション株式会社ロゴ画像

導入時の課題

同社は、賃貸物件検索Webサイトをオンプレミスのサーバ群で稼働させていましたが、
システムメンテナンスの効率の悪さ、サイト全体の表示速度の遅さという大きな2つの課題を抱えていました。

従来のオンプレミス環境では、Webサイトのアクセス数などの最大負荷を想定してハードウェアを購入する必要があり、システム構築後の拡張も難しい状況でした。また、賃貸物件検索Webサイトのアクセス数は季節変動性が大きく、負荷状況に応じて柔軟に拡張できるシステム基盤として、クラウドサービスの利用を検討していました。

導入したメリット

同社は、WebサイトのインフラをAWSに移行したことにより、Webサイトの表示速度が劇的に改善しました。リニューアル後のWebサイトを利用したユーザからは、「凄く使いやすくなった」と評判も非常に良いとのことです。

また、システムの負荷に合わせた柔軟なサイジングが可能になり、想定よりも少ないサーバ台数でシステムの稼働ができるようになりました。AWS CodePipelineとAWS CodeDeployを導入したことで、サイト更新作業の工数削減と正確さが大幅に向上し、ヒューマンエラーをなくすことができました。更に、開発とデプロイを継続して行っていますが、大きな不具合は発生しておらず、導入したメリットを実感されています。

なぜTOKAIコミュニケーションズを選んだのか

同社はクラウドを選定する際、AWSが利用実績豊富な大手クラウドサービスであることに加え、
今後サービス・システム基盤のクラウド化をする際に、「社内技術者がAWSを扱い、システム構築ができること」に優位性があると感じていました。いかに優秀なエンジニアを確保できるかを、懸念事項として挙げていました。

当社の提案は「AWSにしっかりと取り組み、培われた技術者目線」がありました。提案より、考え方の合致を感じ、選定に至りました。一緒にAWSに取り組むことで、AWSに関する知識やノウハウを共に向上させることができています。また、同社の技術者育成にも繋げることができています。

AWS導入事例 | 東建コーポレーション株式会社様

AWS導入事例3.
オンプレミス環境の運用手間から解放!
-社会福祉法人静岡市社会福祉協議会様【福祉サービス】

社会福祉法人静岡市社会福祉協議会ロゴ画像

導入時の課題

同社は、各種情報システムをオンプレミス環境で稼働させていました。5年ごとに訪れるリプレイスのタイミングで、毎回多大な手間・コスト・時間がかかることが課題となっていました。

また、公益法人としてガバナンスと財務規律の強化を図りたいという希望、新たな時代に備え外出先からリアルタイム且つセキュアに業務を完了できる環境づくりをしたいという希望がありました。
こうした課題や希望より、クラウド移行を検討していました。

導入したメリット

同社はAWSにシステム移行をしたことで、「業務スピードが早くなった」と実感頂いています。

インフラ環境がAWSになったことで、システムテストや検証をする際にも必要な環境をすぐに構築することができ、問題があればすぐにサーバを停止することができます。一度AWS環境を構築すると、新たなシステム構築やサービス導入が容易になります。
その一例としてAWS環境構築後、仮想デスクトップサービス Amazon WorkSpacesを導入し、外出時でも業務が行えるようになり業務効率が向上しました。当社もサポートをさせて頂きながら、今後もAWSを活用し業務の効率化に取り組まれていくとのことです。

なぜTOKAIコミュニケーションズを選んだのか

同社は、急速に進化していくITと共存し、ITを取り入れながら発展することが必要な時代において、専門的な知識や情報がないことに危機感をお持ちでした。こうした時代で発展していくために、信頼できるITビジネスパートナーを探していました。

今回当社を選定した理由として、AWSは利用実績が豊富な大手クラウドサービスであることに加え、お客様のやりたいことに真摯に耳を傾け、本音でコミュニケーションを取り続けたことを挙げて頂きました。ITの専門的な知識や情報がなくても、安心してクラウド移行が出来るよう、一緒に取り組み、迅速にサポートする姿勢に評価を頂きました。

AWS導入事例 | 社会福祉法人静岡市社会福祉協議会

まとめ

抱えている課題は、会社毎に違うことをご理解いただけたでしょうか?

オンプレミスからクラウドへ移行を行うには、しっかりと現状分析をおこない、実現したいイメージをしっかりと持つことが失敗しない秘訣となります。
当社では、お客様が抱えている課題と実現したいイメージをしっかりとヒアリングしながら、一緒に移行を進めてまいります。ご興味がある方は、是非一度当社までお問合せ新規ウィンドウで開くください。

関連サービス

おすすめ記事

導入のお問い合わせはこちら

AWSやAmazon WorkSpacesの導入から接続回線、運用・保守まで何でもお任せください。

お問い合わせ・資料請求