2020.12.07 AWSとは? AWSが選ばれる5つの理由【2020年12月追記】

ITインフラを自社で購入し運用している企業にとって、5年に1度のリプレイスは重労働...。業務負荷軽減や資産を持ちたくないという視点から、クラウド化を検討している企業が増えてきています。今回は、数あるクラウドインフラの中でも注目度の高い「Amazon Web Services(アマゾン ウェブ サービス)」について2020年最新情報を交えてご紹介します。

AWSとは

AWSは「Amazon Web Services」の略で、Amazonが提供しているクラウドサービスです。2006年7月よりAmazonが自社サイト「Amazon.com」を運営しているノウハウやプラットフォームを活用し、サーバやストレージ、データベースなどをインターネット経由で利用することができるようになりました。

AWSが選ばれる5つの理由

クラウド市場で世界シェア第1位!

世界のクラウドベンダーはMicrosoftやGoogle、IBMなど数多く存在します。その中でもAWSは、IaaS、PaaS、ホステッドプライベートクラウドを合計した、クラウド市場世界シェア第1位(シェア率33%)です。(2020年第2四半期)

クラウド市場のシェア率のグラフ

出典:Synergy Research Group新規ウィンドウで開く

最先端の技術がいつでも利用できる!

AWSは、2020年9月時点において「Amazon WorkSpaces」をはじめとした175を超えるサービスを提供しています。常にバージョンアップを繰り返しており、利用者は国や地域に関わらず常に最新のサービスを使用することができます。年間1,000回を超えるバージョンアップや機能改修をしています。 企業が必要とするであろう機能は一通り網羅されており、これらを組み合わせることで、より便利に活用できます。

国も地域も関係なくAWSを使って仕事ができる!

世界24か所の国・地域でAWSが稼働しており、これらの国・地域のことを「リージョン」と呼んでいます。ユーザはサービスを開始するリージョンを自由に選択できます。日本国内では東京リージョン、大阪ローカルリージョンが稼働しており、2021年初頭には大阪ローカルリージョンが大阪リージョンに格上げされることが発表されています。 AWSでは、各リージョンにつき、最低2つ以上のデータセンターが存在しており、データセンターを分けた冗長構成も簡単に実現できるため、可用性が高く、堅牢なシステムを構築することが可能です。

また、ハードウェアはAWSによるマネージドサービスとして常に最新のものに更新されることから、ユーザは機器故障やハードウェアの管理を意識する必要はありません。当社もテレワークにAmazon WorkSpacesを利用していますが、動作不良もなく、快適に業務を行えています。Amazon WorkSpacesについては、こちらの記事新規ウィンドウで開くでも詳しく解説していますので是非ご覧ください。

世界地図にAWSのリージョンをマッピングした画像

出典:アマゾン ウェブ サービス新規ウィンドウで開く

初期費用がゼロ!圧倒的な低価格と安心の従量課金制

AWSは初期費用がかかりません。サービスの多くが、利用時間や通信量に応じて利用料を決定する従量課金制となっています。パッケージ製品のように使わない機能に無駄な出費をすることがなく、利用途中でサービスの追加や削除も行えます。ユーザがリソースを管理しなくても、アクセス状況に合わせて自動的にリソースを拡大/縮小する機能も利用でき、料金も使用リソースに合わせて変動するため、コストの最適化が可能です。

株式会社ユーキャン様|導入事例
株式会社ユーキャン様の解答速報システムは、オンプレミス環境で提供されていた当時、複数の試験日が重なる時期になるとアクセスが集中するため、都度システムの増強を行う必要がありました。これにより毎年多大な手間とコストが発生することが課題となっていましたが、この問題を解決したのがAWSでした。どのように解決したのか、続きは、

「解答速報システムの新たな基盤としてAWSクラウドを選択。オンプレミスでの毎年のシステム増強を廃止し、運用コストを低減」こちらの記事新規ウィンドウで開くから是非ご確認ください。

世界のセキュリティ機関から認証済み!信頼のセキュリティ

AWS は、グローバル認証規格であるISO 27001 認証をはじめ、Payment Card Industry(PCI)データセキュリティ基準(DSS)のレベル1サービスプロバイダとして第三者機関より認定されています。AWS は、毎年 SOC1監査を受け、米国連邦政府システムの Moderate レベルおよび DoD システムの DIACAP Level 2 としての評価を獲得しています。いずれの認証も、特定のセキュリティ管理が目的どおりに実施、運用されていることが監査人によって検証されたことを意味しています。

またAWSは、アメリカ、アジア、欧州、中東、アフリカ、世界各国のセキュリティ認証を受けており、詳しい認証内容についてはAWS コンプライアンスプログラム新規ウィンドウで開くからご確認ください。

株式会社ジャパンネット銀行|導入事例

株式会社ジャパンネット銀行様は、オンプレミス環境で運用していたOAシステム更改にあたり、金融業界にてクラウド活用におけるセキュリティ面を信頼する流れの変化を感じ、OAシステムのクラウド化を決定しました。運用に関し、コスト削減・セキュリティの課題を解決したのが、AWSでした。どのように解決したのか、続きは、

「高セキュリティの業務システムをAWSで構築。深く広い知識を持ったパートナーが成功のカギ」こちらの記事新規ウィンドウで開くから是非ご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?テレワークツールとしてAWS活用を検討されている方も、今回AWSを活用することで様々な課題を解決できることに驚いているのではないでしょうか?AWSを採用する企業は国内でも増加しています。この機会に、社内システムのクラウド化を検討してみてはいかがでしょうか。お困りのことがありましたら、

気軽に当社までご相談新規ウィンドウで開くください。

AWS導入事例

さまざまなお客様のAWS導入の背景や課題、解決策を公開しています。
詳しく知りたい方はAWS導入事例をご覧ください。

関連サービス

おすすめ記事

導入のお問い合わせはこちら

AWSやAmazon WorkSpacesの導入から接続回線、運用・保守まで何でもお任せください。

お問い合わせ・資料請求