2020.12.21 AWSサーバ構築ガイド|その手順と成功のポイント

AWS(アマゾン ウェブ サービス)でのサーバ構築は、初心者でも手順通りに行えば十分可能です。ただし、これには事前準備が必要で、構築そのものよりも大変かもしれません。そこで本記事では、AWSでサーバを構築する手順と成功のポイントについてまとめました。AWSでサーバを構築してみたい方はぜひご確認ください。

AWSでサーバを構築する手順

AWSでのサーバ構築について、「Amazon EC2」を使用して仮想マシン(インスタンス)を起動する手順を説明します。

1. AWSアカウントの作成

まずは、AWSアカウントを作成しましょう。以下のURLからAWSアカウントの作成を開始します。

https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/developer/registration/index.html 新規ウィンドウで開く

アカウント情報を入力した後、連絡先・支払い情報を入力して送信すると、SMSまたは日本語の自動音声電話を利用した認証が行われます。認証はそのまま進めてください。最後にAWSのサポートプランを選択して終了です。

2. AWSにサインアップ

以下のURLより、作成したAWSアカウントを使用してAWSにサインアップしましょう。

https://console.aws.amazon.com/console/home 新規ウィンドウで開く

サインアップ後、EC2インスタンスの作成をする前に事前に準備しておくべきものがありますので、以下で解説します。

3. VPCを作成する

VPCとは、AWS上に独立した仮想プライベートネットワーク環境を作成するサービスです。EC2やRDSなどのサーバ系インスタンスを利用するためには、まずはこのVPCを作成しインスタンスを配置するための土台となるネットワークを定義していきます。VPCは他のVPCと論理的に完全に分断されており外部とも遮断されていますが、設定を行うことでインターネットやオンプレミス環境との通信が可能になります。

4. サブネットを作成する

サブネットとは、VPC内でIPアドレスの範囲で区切られたネットワークのことです。

5. インターネットゲートウェイを作成する

VPCからインターネットにつながる出入口となる「インターネットゲートウェイ」を作成します。

6. ルートテーブルを作成する

インターネットゲートウェイの作成でVPCからインターネットにつながる出入口は出来ましたが、このままではどの通信をインターネットに向ければいいのかが何も決まっておりません。そこで、これらの通信のルールを、ルートテーブルの作成と設定により行います。

ここまでが、EC2インスタンスを作成するのに必要な事前準備の基本形になります。

7. EC2インスタンスを作成する

AWSの画面にある「Launch Instance」をクリックし、EC2インスタンスを作成します(ここでは、Linux OSを選択するものとします)。インスタンスの作成時には、以下の設定が必要です。

  • AMIの選択(※)
  • インスタンスタイプの選択
  • ストレージの追加
  • タグの追加
  • セキュリティグループの設定
  • AMI(Amazon Machine Image)...インスタンスの元となるOSのテンプレート情報などが含まれたイメージファイルの総称

VPCの作成からEC2インスタンスの作成までをイメージすると、下の図のようになります。

8. Windowsマシンを使っている場合はSSHのクライアントソフトをインストール

Windows用のSSHのクライアントソフトとしては、「Tera Term」などがありますのでインストールします。ちなみに、Macの場合はOSに搭載されている「ターミナル」が使えますのでSSHクライアントソフトのインストールは不要です。

(WindowsOSの場合でも、Windows10の2018年4月のアップデートによりOpenSSHクライアントをインストールすることでPowerShellからSSH接続ができるようになりました)

9. SSHを使ってインスタンスに接続する

インスタンスを作成したら、キーペアを作成し、SSHを使ってインスタンスに接続します。

ここまでで、Linux仮想マシンの起動と接続ができています。

AWSでのサーバ構築成功のためのポイント

AWSでのサーバ構築を成功させるポイントとして、事前準備やその他用意しておくべきことがいくつかあります。チェックリスト形式で紹介しますので、AWSでサーバを構築する前に確認・実施して準備を整えましょう。

チェック 事前準備内容 具体的な作業項目
サーバ構築の事前準備
  • サーバ構築に必要なサービス
  • サーバ構築に必要なインスタンス
  • セキュリティの整理
  • 利用するリージョン
  • 利用するロケーション
  • ネットワーク構成
  • 各設定項目
  • 必要とするサポートの種類
IAMユーザーの使用
  • IAMの利用ユーザー
  • IAMの利用ユーザーの権限
  • IAMの運用ルール
セキュリティグループの正しい設定
  • セキュリティグループのルール設定
  • 安全な設定になっているかの確認
ルートデバイスのストレージタイプを理解する
  • Amazon EBS-Backed(インスタンス終了後も保持)
  • Instance Store-Backed(インスタンス存続中のみ保持)
IPアドレス
  • 外部にサービスを公開する場合はElastic IPの設定が必要
バックアップとリカバリー
  • バックアップとリカバリーの手順確認
  • バックアップとリカバリーの運用ルールを決める
重要データを分散配置する
  • Multi-AZ配置を設定する

事前準備が大変な場合はAWS構築依頼の検討を

AWSでのサーバ構築自体は順番に進めていくだけで簡単に行えます。しかし、構築前の事前準備やセキュリティの設定は、初心者では知らない言葉も多く難しいと感じるかもしれません。AWSでのサーバ構築の事前準備が大変と感じる場合は、専門業者に構築を依頼してみてはいかがでしょうか。

TOKAIコミュニケーションズでは、AWSソリューションのAWS導入サポートを提供しています。お客様のご要望をヒアリングして要件定義や、事前検証、負荷検証の後に実際の環境設計と構築を行っているのが特徴です。AWSでのサーバの構築でお困りの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連サービス

おすすめ記事

導入のお問い合わせはこちら

AWSやAmazon WorkSpacesの導入から接続回線、運用・保守まで何でもお任せください。

お問い合わせ・資料請求