2020.10.02 Amazon FSx for Windows ファイルサーバのストレージ容量拡張機能について

Amazon FSx for Windows ファイルサーバ(以下「FSx」と呼ぶ)で、「ストレージ容量」のスケーリングが可能になり、「ストレージ容量を必要に応じてオンライン拡張」する機能が追加されました。今回はこの追加機能について、当社での検証も交えてご紹介いたします。

「ストレージ容量を必要に応じてオンライン拡張」可能に

2020年6月のアップデート前までは、FSxのストレージ容量は導入時に指定した容量を後から変更することができませんでした。そのため、FSxを導入する際には将来的なデータ増加を考慮したサイジングが必要で、どの程度のディスク容量を確保すれば大丈夫なのかを考える必要がありました。

また、直近では不必要なストレージ容量の確保による余計な利用料の発生や、導入時の検討負荷を当社でも課題と認識しておりました。

アップデート前のFSxストレージ状況が枯渇している様子


2019年3月より東京リージョンでの提供が開始され、ストレージ容量の拡張が出来ない課題を抱えていたFSxですが、ついにこの課題を解消する機能のアップデート「オンライン容量拡張機能のサポート開始」が行われました。

このアップデートにより、ファイルサーバを停止せずにストレージ容量を柔軟に拡張することが出来るようになりました。


アップデート後、FSxストレージ容量が大きくなる様子

ストレージ容量の拡張は僅か6ステップで

ストレージ容量の拡張作業は非常に簡単でAWSマネージメントコンソールのFSx管理コンソール画面より、6ステップの操作で拡張可能です。

① Updateをクリックする。

② 変更後の容量を指定する。

③ Updateをクリックする。

④ 拡張処理が自動で開始される。

⑤ 最適化処理が自動で行われる。

⑥ 拡張処理が完了する。

ストレージ容量の拡張作業の手順。①Updateをクリック②変更後の容量を指定③Updateをクリック④拡張処理を開始⑤最適化処理が自動で行われる⑥拡張処理が完了する


実際に弊社でストレージ容量の変更(32GB→50GB)を行ってみた結果、実際に変更処理にかかった所要時間は、ストレージ容量の拡張で約5分、最適化処理で約30分、計35分程度となりました。FSxへのファイルアクセスは、容量拡張が行われている最中でも問題なく利用できました。


ストレージ容量の変更にかかる時間を表示


なお、上記のご参考結果は極僅かなデータがFSxに格納されている状態で行った結果になります。実際に確保されたストレージ容量や格納されているデータ量、ご利用状況に応じて処理時間は大きく異なる可能性がございますのでご注意ください。

想定される利用ケース

〇初期導入時のスモールスタート
導入時は導入時点で必要最小限なストレージ容量で構築し、利用を継続していく中で必要なストレージ容量を追加するといった運用が可能に。

〇ストレージ容量不足時
ファイルサーバは利用し続ければその分、格納するデータ量は日々増加していく特性があります。想定外に格納データが増加しストレージ容量が枯渇してしまったとしても、速やかにストレージ容量を追加できます。

〇部門毎などの段階的なデータ移行
会社組織や業務特性によっては一度にすべてのデータやファイルサーバ自体の移行が困難なケースがあります。このような場合でも、必要に応じたストレージ容量を確保していくことで、段階的なデータ、ファイルサーバ移行が可能です。

注意事項(2020年9月時点)

・アップデートが行われた2020年6月1日より前に構築されたファイルシステムは現在未対応となっており、順次対応されていくとのことですが現在機能が使えない場合もあります。

・ストレージ容量の縮小はできません。

・拡張可能なストレージ最小サイズは、元の容量の10%です。仮に元の容量が100GBの場合、拡張可能な追加ストレージ最小サイズは10GBになります。

・ストレージ容量の拡張を行うには、最小スループット容量が16MB/s必要となります。

・最後の拡張が行われてから6時間後、または最適化処理の完了までは、さらなる 容量拡張をおこなう事ができません。(最適化処理は数時間~数日かかる場合があります)

まとめ

これまでは、ストレージ容量の拡張が行えず、FSxファイルサーバの利用にはひとつ利便性に欠ける部分がありました。今回のアップデートによりオンラインでストレージ容量の拡張が可能になり、利便性や柔軟性が大きく向上したと我々も考えております。

当社では、自社内でもFSxを導入し、実際に業務利用しノウハウの蓄積を図っております。お客様環境のファイルサーバ移行についても自信をもってご提案させて頂くことができます。

ファイルサーバ移行をご検討されているお客様、移行にお悩みのお客様はぜひ当社にご相談頂ければと思います。

関連サービス

導入のお問い合わせはこちら

AWSやAmazon WorkSpacesの導入から接続回線、運用・保守まで何でもお任せください。

お問い合わせ・資料請求