AWS Transit GatewayAWS Transit Gateway

AWS Transit Gatewayはお客様が複数のAmazon Virtual Private Cloud (VPC)とオンプレミスネットワークを単一のゲートウェイに接続できるようにするサービスです。

お問い合わせはこちら

こんな課題をお持ちの
お客様に最適なサービスです

  • 複数アカウントVPCを運用しており、VPC追加時の設定作業が多く大変。。
  • 社内ルーターからVirtual Interfaceへの経路追加するのに、都度発生するルーター管理者(業者)への依頼やリードタイムが。。

Features

AWS Transit Gatewayの特長

  • 特長01

    接続をまとめ
    簡略化!

    お客様の複数Amazon VPCおよびオンプレミスネットワークにわたった相互接続を簡略化します。単一のゲートウェイに簡単に接続でき、迅速にネットワークのサイズを拡張できます。

  • 特長02

    可視性と
    制御を向上!

    モニタリングと制御を一元化したことで、お客様VPC とエッジ接続をすべて1つのコンソールで簡単に管理できます。問題をすばやく識別して、ネットワーク上のイベントにも迅速に対処できます。

  • 特長03

    要望に合わせ
    迅速に拡張!

    お客様のシステム拡張によるVPC増加時に、オンプレミスネットワークから AWSへの接続を追加することなく、Amazon VPCをお客様ネットワークに追加できます。

Simplification

Amazon VPCとお客様拠点間の接続を簡略化

AWS Transit Gatewayを使用しない場合

  • VPC同士はVPC Peeringで接続していた
  • 複数箇所に増えた場合、フルメッシュで接続するポイントが増えていく
  • VPN拠点やDirect Connectを接続すると構成が複雑になっていく

AWS Transit Gatewayを使用した場合

  • これまでVPC Peeringで接続していたVPC間の接続をTransit Gatewayに集約・接続が可能!
  • VPCが増えてもTransit Gatewayに接続することで対応が完了!
  • 接続するパス本数が減り運用を簡略化、全体としてのコントロールがし易く!
お問い合わせはこちら

Use Case

ユースケース

グローバルネットワークを構築

提供するユーザーが世界各地に拡大していくことに伴い、お客様ネットワークでAWSのサービスを拡張することが必要になります。AWS Transit Gatewayを利用する事で、DNS、Active Directory、IPS/IDS などのAWSサービスをAmazon VPC全体で簡単に共有する事ができます。

ワークロードに対するピーク需要の影響を均等化

システムにおけるネットワークのピーク需要は予測が難しいものです。そのためピーク時に備え、ネットワークの容量を簡単かつ迅速に拡張する仕組みが必要となります。AWS Transit Gatewayを利用すれば、Amazon VPC や AWS アカウントを簡単に追加でき、お客様のワークロードに対して増加する需要への対応が可能です。

Strong Point

TOKAIコミュニケーションズの強み

TOKAIコミュニケーションズはTransit Gatewayを活用したご提案をはじめ、
豊富なAWSネットワーク構築実績を元に、
お客様にニーズに合わせた最適なご提案を行います。

お問い合わせはこちら

※Amazon、AWS、AWS Cloud、WorkSpaces、FSxおよびその他のAWS商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

※その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ